読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

デビュー作

このあいだ、村上春樹の新書が発売された。

7年ぶり(だと思う)の長編小説らしい。「色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年」は長編ではなかったんだとこの時気付いた。旧友に仲間はずれにされたモヤモヤをずーーっと引きずってるおっさんの話しは僕の中ではなにも生まないまま消化され、特に記憶に残るストーリーではなかった。

「騎士団長殺し」のレビューには(また村上節が炸裂)(平常運転いつも通り)(性描写がうんたらかんたら)…小説のレビューを見ていると肯定的なものより否定的(いわゆるアンチ)な意見がひじょーに面白くてレビューのチェックが日課になっている。良くも悪くもこれだけ支持される村上春樹の特徴って何だろう?あれこれ僕も語りたいなー、春樹ってねーいつも一人称が僕なんだよねーっとか、だいたい中盤にファンタジー臭が急に出てくるんだよねーっとか知ったかしたいけどそこまで語れる訳では無いからデビュー作「風の歌を聴け」を購入。これを読めばきっと僕も立派なハルキスト!になれると思い込みながらじっくり読みたい。