デビュー作

このあいだ、村上春樹の新書が発売された。 7年ぶり(だと思う)の長編小説らしい。「色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年」は長編ではなかったんだとこの時気付いた。旧友に仲間はずれにされたモヤモヤをずーーっと引きずってるおっさんの話しは僕の中…